スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1605回「あなたの連絡手段」

地方国立大学の寮に住んでいましたときは、親からの連絡は寮に一つだけある公衆電話でした。ですからほかの人が電話しているときにはつながらないし、電話の周りに人がいないときには、だれも受話器を取らないから、やはりつながりにくかったわけですが、今にして思うとずいぶん悠長な時代でした。


中城村の下宿をしていた時には、1階の商店のおばさん家に両親や友人が電話してきて、それで下のおばさんが2階の私を呼び出してくれるという感じでした。まあ30年以上前は誰もこんな感じの経験をお持ちだと思います。


今は自分の娘や息子とはもっぱらメールです。電話しても出ないくせに、メールするとすぐ返事が返ってくることもあります。なんか(子供らの親に対する敬意が足らないところが)いやになります。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。