スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女系家族

私のひいおじいさんの明治時代の戸籍謄本がある。養母が記載されていて、その夫は、またまたその妻の入り婿である。つまり私のひいおじいさんも、ひいひいおじいさんも、婿である。おじいさんは婿ではないが。

五島の殿様や、三春の殿様も、家の断続は、妻や娘の出来次第にかかっているようで、実際は男子ではないのだ。家が続くということは女性がかしこく家を守ってくれるかどうかにかかっているといえよう!資産も名誉もある家柄が断絶するのは、ほとんどのケースが妻や娘の問題である。出来が良い息子でも安心などできない、なぜなら若く死んでしまうと家は実質妻の問題となるし、仮に跡取りがいても、息子に最大の影響力を発揮するのはお母さん、つまり妻なんである。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。