スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 ドラゴンパレス 台湾総督府の民生局長官 後藤 新平

→台湾総督の下には補佐に当たる総務長官として歴代の実力者がついた。そのなかに有名な後藤新平がいる。

彼が如何に日本の英傑であったかいまさら説明するまでも無いが、←
須賀川医学校といえば福島県立医大の前身とも言えるし、東京市第7代市長として大風呂敷を広げ壮大な構想を持っていた人と小学校の先生から教わったもんだ(東京都大田区の入新井第四小)が、

私の尊敬するご実家が芦屋のお医者さん(故人)が言うには、お爺様の代には、後藤新平を書生としていたと聞いたことがある。立派な国学者の家であり、天皇家へもおつかえした。

後藤新平が台湾民生局長官になった時代は、明治後半なので、少しずれるが、私の曽祖父も大正の時代に入ってから、ある使命を帯びて台湾に赴くこととなった。

祖父も昭和になりすぐに、内務省の役人として、台湾に派遣されている。

今も存命の父も、新宿で生まれてすぐ、台湾に移り住んだ。

私は台湾には6回ほどしか行ったことがないが(トランジットなら30回以上あるが)、大陸の中国人がその昔台湾を小琉球と呼び、沖縄県を大琉球と呼んだそうであるが、琉球大学を卒業し、以来沖縄とのかかわりは30年以上に及ぶ。もちろん沖縄には台湾からの移住者がすこぶる多く、親友には台湾人がかなり多い。

わが一族も後藤新平のような龍に憧れて引き込まれていったかの地、台湾もドラゴンパレスであるといえよう。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。