スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

些細なもめごと ★ 人間はわかんない

些細なことでもめることは誰だってある。私も私の両親も、人がいいというか、侮辱されても、ごまかされて金を巻き上げらえても、ニコニコしてどちらかというと争わないできた人生を送ってきた。しかし、最近どうも違う、というか間違いだったんではないかと思うようになってきた。

頭のいい立派な大学を出ているから、品がいいから、育ちがお金持ちの家だから、…だから悪いことをしないとは限らない。

田舎者で、あまり旅行などもしたことがなく、東京すら行ったこともなく、いわゆるカッペだが、気持ちもよく、人情に篤いからと言って、金にこだわらないわけでではない。むしろ、金だけがその人のアイデンティティだったりする。

数万円ではちょっとした会社経営者で裁判を起こしたり、人を殺したりする人間はあまりいないが、数万円の貸し借りで友人同士殺しあってしまう人間関係だってある。金はその人にとって色々な許容範囲があるわけで、重要さは金額ではない。

若いときは必死で自分の正義を守るために相手を攻めて生きてきたが、果たして相手にとっては(たとえそれが債務の返済を渋った相手であっても)その私を鬼のごとく感じ、恐れ、関わりたくないとんでもない暴漢と馬鹿にしていたのやもしれない。

ぞくに言うエリートと呼ばれる方々は、自分が頭がいいと思っているらしいが、世間の多くはそうは思っているはずがないとつゆほども感じていない。医者や弁護士がそうだ。しかし医者や弁護士にならなくてもずっと勉強ができる学生は世の中にごまんといるのはわかっているはずなのに、医者や弁護士は、自分たちが特別頭がいいと思い込んでいるのが不思議で仕方がない。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。