スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄移住計画 ★  その1

沖縄にでも移住したいなあ。そう思う人間が多いそうであるがなぜか、数年であきらめて本土に帰っていく人間も多いそうである。

琉大時代、その後の社会人時代合わせて約8年沖縄に住み、その後約30年沖縄と往復の生活を送ってきた私にとって、なんとなく分かる気がする。

まず、35年位前はまだナイチャー(内地の人間のこと)が沖縄でも珍しかった。ナイチャー、ヤマトンチュ(大和の人間、つまり内地の人間)に対しては、今の沖縄の若い人たちの世代はどうかわからないが、ハッキリ言って嫌われていた。

それと、沖縄の人間は当時もっと黒かった。ジーグルー(肌が黒い、日焼けしていること)が多かった。しかし、最近は沖縄の人間も内地化、本土化してしまって、ジーグルーが少なくなったように思う。

ウチナンチュ(沖縄の人間)とヤマトンチュは、かくのごとく大違いだった。最近は沖縄に旅行しても、通りを歩く人間が明らかに沖縄か本土か?分かりにくくなっている。

それでも移住した人間が結局は帰る場合が多いのは、本質的に沖縄と内地との違いは埋まっていないからなのではないか?そう思う。

テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。