スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少しやる気が出てきました

実は私は社会保険労務士というあまりぱっとしない仕事を26歳の時からつい数年前までやってきました。数年前に体調を崩したり、離婚したり、少しばかり大きくやっていた事業を縮小せざるを得なくなったり、したもんで、いろいろあったので(大げさに言うと)人間社会が信用できなくなり、休業しました。

でも、しょげている私なんか関係なく世の中は無常というか、急ぎ足で動いて行っているもんなんですよね。先日友人の税理士に労務管理のアドバイスをしてやってくれと頼まれてある企業に訪問したんですが、まあ勉強不足というか3~4年の浦島太郎だったせいですが、大きく時代が変わっていることを改めて思い、もう一度社会保険労務士をやろうという気になりました。

25年4月1日施行、高年齢者雇用安定法の改正。60歳から65歳の雇用確保が義務付けされたわけです。

私は少子高齢社会の日本で、年金の財政破たんの責任転嫁を中小零細に取らすことは無謀と前々から思っていましたが、とうとうなったわけです。一方で、若者の芽を逆にこの法律は摘みはしないか?一市民として、世の中の動きについて行ってみたくなりました。若者の成長に対し支援する制度も手厚くしなければ片手落ちでしょう。

ですから、ブログには労働関連の記事も今後多くなるかもしれません。

テーマ : ちょっとしたこと書きます
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。