スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向いている人間、向いていない人間   大義名分

平成16年だから、今からもう10年前になるわけですが、ある専門学校の(学校法人)理事長が、学園資金の不正流用で逮捕されてしまった。理事の裏切りがなければ、表ざたにはならなかったはずだが公益法人の理事長責任追及は厳しいのだなあ、とつくづく思い知らされた事件であった。

その理事長の学校で、27年前の2年くらい社会保険労務士の講師をアルバイトでしていたことがあって、少なからずお世話になった。そのため、理事長解任から収監されるまでのごく短期間に、わずかばかしのアルバイト代でご一緒させていただいた時期があった。その際に、彼が言った言葉が、忘れられない。

「大義名分を忘れないでいた時には少なくともうまくいっていたような気がする」

ビジネスの上手な方だったので、ビジネスや公務員や情報の専門学校から、いろいろな医療分野の専門学校分野の拡大に成功したり、広島県の私立大学の買収に乗り出したり、成功にあと一歩のところで、資金横領等の事件発覚となってしまった。

ことの是非や、運不運は別として、教育を通じ、若い人たちや社会人も含めた実学の履修を通じて多くの人材を送り出す仕事を大事にして生きる、という本分を少し忘れていたのではないだろうか?と反省しておられた。

大義名分  ← 「行動を起こすにあたってその正当性を主張するための道理・根拠」は私も大事だと思います。時代の変化とともに見直さなきゃいけない部分もあり、長く忘れずに初志を貫徹することのなんと難しいことだろうか、とも思います。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。