スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話 センバル次郎と周遊斉のやじきた道中 その2(お好み焼き)

周遊斉のグルメ徘徊のたびは、とどまることを知らず。かれいわく。
「おい!、センバル!お好み焼きどこかうまいとこ連れて行け!」

ということで、探したのが那覇市開南の喫茶兼スナックの店、
「新宿2丁目 お好み焼きがうまい店」であった。

センバルは過去に新宿4丁目や5丁目で商売をしていたことがあり、
この店のマスターがそのことを知ると、
「嬉しいわあ、いい男、惚れちゃうわ~もっと食べなさい。」
かなり気に入られたみたいだ。しなだれた声で迫ってくるのであった。

周遊斉とセンバルでそれぞれビールで乾杯し、各自チュウーハイや
サワー、冷酒などやって、お好み焼きは1枚、おかず?にゴーヤーの
定食など喰っても、帰り際にマスターは、「2千円でいいわよ」と
計算がとても合わない勘定をいうのであった。

この店は、その後、タヌコン城を抜け出し度々出かけることになった。

flour_a01.png

「画像提供イラストポップ」

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。