スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 人事を尽くして天命を待てというけれど

たとえば一生懸命最善を尽くしたとしても、下請け仕事から抜け出せなければ、最初から
下請孫請けの宿命の中に生きている以上、元請けとは利幅や資金回収の点でやはり大きな差
があります。経済の環境が厳しくなれば死んでいくのは下からです。当然のことです。

その中で最善を尽くしたとしても、人事を尽くしたとしても、生き残ることができないから
には無駄死にとなる場合もあるわけです。

しかしながら誰でも最初から元請けの仕事が取れるわけではありませんし、元請けになるには、
商品の技術力や、会社の政治力や、一朝一夕ではできない何かの強力な力を持つ必要があるの
かもしれません。

簡単にコンサルタントは、ビジネスモデルが最初から間違っていたとか適当に言うかもしれま
せんが、世の中そう簡単単純じゃありません。

むかし、ソフトウェア開発会社事業をしていた時に、地元の役所の入札に参加できないか?
試みた時がありましたが、驚いたのは入札に参加してくる会社が、つぶれたんではないかと思わ
れる個人経営みたいな文房具屋さんで、文房具屋は昔から事務機械なども扱ってきたからでしょうか?
役所にソフトウェア納入の入札に参加してきます。でも、開発なんてできませんから、どこかに
横流しするんでしょう。そして、古くから地元にかかわっていますから、FAX機の導入とか、
印刷機械の入札とか、いろいろで市役所議員さんや村の議員さんになじみがあり顔がききます。
絶対にここの権益は譲らないぞと言った気迫を感じました。

その後、話しが変わって、この同じ文房具屋さんと、ある民間企業のソフトウェア導入の件で争う
ことになりました。約1000万円くらいでしたが、私どもが勝ってしまいました。さあ、その後が
大変でした。何かにつけて嫌がらせをしてくるようになりました。その会社の会長は某金融機関
の理事長でもあり、なぜ私たちにここまで多少の仕事を取られただけでやがらせしてくるんだろう
と思った次第です。しかも、立派な紳士なのに?

でも今にして思えば田舎の経済で生き残るということは、敵は殲滅する、小さい芽の内につぶしておく、
ということなのかもしれません。そう、非情でなければならないのかもしれません。

優秀な技術者を抱えているとか、技術力があるとかないとか、ではなく、まず生き残る、勝ち残る
ことの方が重要ということもあるわけです。

しかし、そういうことばかりやっていたんでは発展もないような気もします。

人事を尽くして天命を待つ、ということを考えていってみたく思います。

人気ブログランキングへ

king_oukan_2014072810440701c.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。