スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話 悩むことと考えることは違う

若い時は、今もそうだけれども、自分の人生の行く末に不安を感じたり、現状から抜け出せない自分の不甲斐なさに、ただ腹を立ててみたり、そんなこんなで夜おそくまで目が覚めてなかなか眠ることができなかったり、単純に頑張ればいいだけのことを、こだわりやメンツで実行に移せないで、決断ができずにイライラした毎日を送っていたり、…・誰でも?若いころはそうだったのではないでしょうか?

私の事業の師はこう教えてくれました。「悩むことと、考えることは違う」と。つまり、あなたは今考えていない、思考停止に陥っているのであって、悩んで夜も寝れないというけれど、実は何一つ考えていないのと同じ状況なのだと教わりました。「下手な考え休むに似たり」と昔から言われるあれです。

しかし、少し歳を取った現在想うことは、毎日の様に悩んだり、あるいは思考停止に陥っていたとしても考えようと努力していたり、苦しむ毎日というものがいかに幸せなものか、と真に思います。

私もそれなりに修羅場を経験し、大震災も大きな事件でありましたが、大きな病気を経験したりして、「ああ、もう自分もだめかぁ」という気持ちになったことがありました。なぜか死んでしまいたいとは思いませんでしたが、死ということを思考することができないように、みごと思考停止に陥っていたおかげで、死にはしませんでしたが、自分はもう世の中に背を向けて生きていくしかできないんだという時期がありました。簡単に言うと絶望というものでしょうか?

絶望したり、死んでしまいたいと投げやりになったり、そうすると何も考えたくありません。悩みなどありませんし、何もしたくありません。でも、死を選択しない限り、時間がたてばやがて体も知恵のない軽くて脳みそが空っぽの頭も、退屈で飽きてきてそのうち何かしないと嫌になるもんです。

そして、そのうち大きな病気でもしなければ何かしら始まるのです。健康であれば、命さえあれば、人間は悩み苦しみ、考えに考え抜いて、その人生を豊かにして彩を増します。万歳!

人気ブログランキングへ

img118.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。