スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きることはしんどいこっちゃでぇ!

一昨年亡くなったIS先生が言っていたことである。私に諭すように言っていた彼が人生の苦しみに耐えられずに幕を閉じたのは私には残念でならない。私は26から事業をしてきて生きてきたし、彼は医者だったがどちらかというと一匹狼的に生きてきたといってよい。だから気があった。

私の兄弟はサラリーマンである。最近出世した様で常務とかになったとこまでは聞いたけれどその後どうなったかは知らない。世の中はサラリーマンの占める割合の方が多くて私のような自営業者は彼らと議論していると肩身が狭い思いがする。

社宅を探していた時の話、「実は東証一部上場なんですけどね、…」と話すと不動産屋の態度が変わって、「なぜそれを早く言ってくれなかったんですかぁ」と言われたのよ。と、奥さんが自慢する。

姪っ子に至っては、小さいころ可愛がってあげたのに、うすぎたない事業をやっている私なんか汚い人間とでも思っているのか、脈絡がないのにもかかわらず、自分の亭主(やはり東証一部上場の会社に勤めている)は向上心があって頑張っているのよ。と私に話す。要するにおじちゃんとは違うの!と言いたいわけだ。でも俺よりずっと貧乏だろ。

私の父親も東証一部上場だが、あまり出世しなかった、課長どまりで定年を終えた。でも、そんな父を、親父は課長どまりだったと自分の履歴書が汚れたみたいに発言する、残念がる兄弟を見て、私は親不孝者と思った。

育ててもらったくせに。よく言えたもんだ。サラリーマンでも、出世したら、多少は普通の野郎より苦労しているから、そういう人生の機微を知っていそうだが、そうでもないんだなぁ。

私も会社を起こし、大波小波の人生、荒ぶる激流を乗り越えたから、息子に言われた。「お父さんのようにリスクのある人生はいやだ。」と。そんな俺にかわいがられ、目いっぱい抱きしめて、いっぱい愛して育ててきたのに、悲しいよなぁ。よく投資家で失敗した人の息子さんなどが、親父の背中を見て、リスクのない人生を目指し、大学の教授になったとか聞くことがあるが、そういう大学教授にまでなれればいいよ!そんな出世してくれるんなら親父をバカにして反面教師にしなさいよ!

でも、大方は馬鹿にしたおやじさえ越えられないし、越えそうもない奴の方が多いんだぁ。

でもアッセっちゃいけない。息子も娘も、えらく、立派になることを夢見て、果報は寝て待てだなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。