スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国のエネルギー効率

日本エネルギー経済研究所 によれば
GDPあたりの1次エネルギー消費量 日本の7倍 世界平均の2倍以上を消費している(09年)
なんとエネルギー消費の7割を石炭に依存している

60歳以上人口はすでに1億8千万人、2009年「南方都市報」によると人口の15%しか年金制度もカバーされていないらしい

月1万円の年金を配ったとして1兆8千500億円、年間22兆2000億円の予算が必要になる

日本を上回る超高齢社会への突入と、それによる年金制度の必要な予算措置(今は全く足りていない)が計上されれば、もとより軍事予算など現在のような伸びを維持することは無理である

1万円年金さえ今時点の60歳以上に支給した場合ですら軍事費予算をはるかに超えるのだから、壮絶な悲惨な社会に突入しつつあるとみて間違いあるまい。


テーマ : 雑記
ジャンル : ブログ

中国・増え続ける国防費と治安対策費

世界に脅威を与える国防費の増加 ← 


治安対策費 約9兆円 > 公表の国防費 約8兆7千億円 

公表の国防費 + 兵器の研究費 + 外国から特殊な備品を買うといった装備調達費など 
    =  実際の国防費 約15兆円

参考 「言うだけ番長」の温家宝首相   宮崎正弘 ←

テーマ : ちょっとしたこと書きます
ジャンル : ブログ

PM2.5って?

PM2.5って?←


日本の光化学スモッグの時と一概に比較できないみたいですね。中国は石炭の火力発電がかなり多いし、ガソリンの質もかなり日本やヨーロッパに比べると悪いようだから、それらを石油にするとか、質を向上させるとかするだけで、相当な部分が解決されるんじゃないかな。エネルギー効率からいえば、日本が仮に燃費効率が3倍良い条件だとすれば、たとえば、

日本の売り上げ 100万円 生産コスト60万円  粗利益率40%=40万円 は
中国の売り上げ 200万円 生産コスト180万円 粗利益率10%=20万円
という図式も考え方によっては成立するわけです。

1990年以以降の大陸中国の躍進(?)は、一時期アメリカを追い越しそうになった日本の経済規模の成長余力を、メイドインチャイナに振り替えることによって、欧米からの圧力をかわすことに狙いがあったと私は考えています。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

カテゴリ
リンク
プロフィール
山小屋在住・愛犬シロ  本当の仕事はドラゴンパレス執事、バトラーである。

Marcy Goldfield

Author:Marcy Goldfield
自営、投資業

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。